記念すべき第一回コラム!「ストレスとは、何だ!?w」

「ストレス」と聞いただけで、ネガティブなイメージを持ってはいませんか? 実は、「良いストレス」もあるんです!誤解されがちなストレスを、現役臨床心理士で公認心理師のKUMIKOが、愉快に解説します。

初めまして!KUMIKOです

初めまして!cocoem.広報部、臨床心理士で公認心理師のKUMIKOと申します! 今後ここで、“メンタルケア”にまつわる色々な情報をお伝えしていきたいと思います。 例えば、『ストレスのメカニズムとは?』とか。よく耳にするけど実はあまり知らない『自律神経とは?』などを心理学や医学的な切り口で詳しく書いていきたいと思います!特にこの自律神経は“美容”とも密接な関係があり、そのあたりも含め今後詳しく書いていきますので、是非読んで頂きたいと思います。今後どうぞよろしくお願い申し上げます。 では早速第一回。今回は「ストレスとは?」というテーマで書きたいと思います。

ストレスとは

元々これは、物理学の用語で「ゆがみ」や「ひずみ」を指す言葉です。有害な“刺激”によって、私たちの心身は、様々なゆがんだ反応が引き起こされます。医学や心理学では、その「有害な刺激」を“ストレッサー”と呼び、「引き起こされた反応」を“ストレス/ストレス反応”と定義しています。

ストレッサーの分類

まずストレッサーは、下記のように分類されます。

【物理的ストレッサー】
騒音、寒暖、放射線などのカテゴリで、「うるさい!」とか「寒い、暑い」などでイライライする“原因”がここに分類されます。

次に、【化学的ストレッサー】
酸素の欠乏や過剰、公害物質、薬物などが分類され、日々の不摂生で起こる栄養不足などもここに分類されます。

そして【生物的ストレッサー】
細菌、花粉、ウイルスなどがここにあたり、今回のコロナウィルスなども基本的にはここに該当します(コロナ”起因”という意味では、別のストレッサーも考えられます)

最後に【社会・心理的ストレッサー】
cocoem.は主にここのケアを目的としており、職場の人間関係、不安、恐れ、怒り、焦りなどが分類されます。

ストレス反応

ストレッサーによって引き起こされるストレス反応(症状)は、心理面、身体面、行動面の3つに分けられます。

1)心理面でのストレス反応→活気の低下、イライラ、不安、気分の落ち込み、など
2)身体面でのストレス反応→肩こり、腰痛、目の疲れ、動悸や息切れ、胃痛、食欲低下、便秘や下痢、不眠など
3)行動面でのストレス反応→飲酒量や喫煙量の増加、仕事でのミスや事故、ヒヤリハットの増加など

つまり、4つの“ストレッサー”が原因となり、3つに属すそれぞれの“ストレス症状”が起きているというわけです。

実は、“良いストレス”もあるんです。

まず、心の状態を風船に例えてみましょう。

不安な気持ちや悩みごと、緊張などのストレスで私たちの心(風船)は膨らんで、大きくなっていきます。気が付かないうちに、どんどんとストレスがたまると、私たちの心(風船)はどんどんと大きく膨らんでいき、ちょっと突いただけで破裂してしまいます。このように心の風船が破裂してしまう前に、息抜きやケアをする必要があります。

しかし、全くストレスがない心の状態、つまりは、全く空気の入っていない風船はどういう状態でしょうか。空気が入っていないので、風船は萎んでいます。萎んでいる風船は、空に飛んでいくこともできませんし、地面についても跳ね返ってきません。ストレスが全くない状態というのも、良いパフォーマンスはできないんですね。例えば、スポーツの試合や仕事のプレゼンテーションなどの場面でも、ある程度の緊張感やプレッシャーがあったほうが、集中力が高まり、意欲が引き出されて、良いパフォーマンスをすることができます。

良いパフォーマンスをするためには、自分の心の風船の状態を把握すること、そしてその状態にあったアプローチ(空気を入れるのか?それとも、抜くのか?)をすることが大切です。心の風船のガス抜き方法も、空気を入れる方法も、人それぞれに合ったものがあります。自分に合ったアプローチ方法を見つけていくことが、ストレスと上手に付き合い、パフォーマンスを高めるために効果的だということができます。

ストレスへのアプローチ方法

cocoem.では、“個人の状態にあった“ストレスへのアプローチ方法を、沢山ご紹介していくのですが、その根底にあるコンセプトは“笑顔です。人は笑顔になると、脳内において“幸せホルモンと呼ばれるセロトニンなどの脳内物質が多く分泌されます。多くの研究で、笑顔になることによって分泌された幸せホルモンから、心身の不調を自然に改善していくことが報告されています。笑顔になることで、幸せホルモンが分泌され、幸せな気持ちになり、ストレスにアプローチしていけるのです。「みんなの心が、笑む未来」を目指すcocoem.は、一人ひとりが笑顔になれるためのアクティビティを提案し、新鮮で、楽しい、メンタルヘルスケアのお手伝いをしていきます。

最後に

今回はストレスについてご紹介しました。ストレスは現代社会の抱える大きな課題です。繰り返しになりますが、cocoem.では、多くの測定結果により蓄積されたパーソナルなデータから、みなさんの心の風船が、元気な状態になるように、一人ひとりに合った“アクティビティ”をご提案させていただきます。少しでも、皆さんの気持ちが軽くなるように、引き続きメンタルヘルスに役立つ情報を発信し、社会全体の心の健康水準向上に、寄与できるよう努めてまいります。
今後ともよろしくお願い申し上げます。


次回は、「意外に知らない、“自律神経って結局何?”」といったテーマで書きたいと思います!お読み頂き、ありがとうございました。

みんなの心が、笑む未来へ。

脳の疲労・ストレスを見える化する
新しいIoTメンタルヘルスケア

*画像は開発中のものです。
実際の仕様とは異なる場合があります。