cocoem.WEBサイト公開に対するご挨拶

cocoem.WEBサイトの公開に伴い、cocoem.製作委員会 エグゼクティブ・プロデューサー伊藤光一よりご挨拶を申し上げます。

ご挨拶

多くのパートナー様や協力者様と共に企画・開発してまいりました本サービスのリリースを
本年秋に控え、本WEBサイトが公開できました事を、まずは御礼申し上げます。
誠にありがとうございます。

私たちは、本サービスを「”IoTメンタルヘルスケア”」と掲げました。

現代の社会環境は、少子高齢化や、成果主義の導入、国際競争の激化などにより、常に強いストレスと隣合わせです。
また企業で働く人だけではなく、“その家族”も、様々なシーンで様々なストレスを多く抱えています。

この社会的課題に対して従来のメンタルヘルスケア・ソリューションは、“問診ベース”が主であり、“本人の感覚頼り”というものがほとんどでした。

それに対し私たちは「定量的かつ、科学的根拠に基づいたメンタルヘルスケア」の実現を
目指して参りました。

また、今回の新型コロナウイルス禍は、多くの人々にとって 「心の健康の重要性」に気づく機会ともなりました。
本サービスは、アフターコロナ の社会に求められる「心のケア」を促進できるものであると
考えております。

本ページのステートメントにありますように、私たちは「企業における最大の生産力」は、
社員ひとりひとりが感じる「幸せ力」だと考えております。

私たちは、「みんなの心が、笑む未来」を作ることを目指し、本サービスの名称を「cocoem.(ココエム)」と名付けました。

IoTメンタルヘルスケア “cocoem.”(ココエム)とは。

cocoem.は 、独自の“脈波センサー内蔵のパソコン用 マウス”で、脈波を測定。
そこから自律神経を分析し、社員のストレスや脳疲労を見える化する事で、”社員の心身の不調により思うようなパフォーマンスが取れなくなる状況(プレゼンティーイズム)”を定量的に軽減し、企業における生産性の向上を促進させることを主たる目的としています。

その科学的に分析された、”個人ごとのストレスや脳疲労度”に合わせた改善提案”をレコメンド。
ユーザー自身が能動的に改善行動を行える為の「その人にあった、楽しい具体的なアクションプラン(アクティビティ)」で行動変容を促しセルフケアを促進します。

また企業の人事部や労務部等に対しては個人を特定できない“部署毎などの状態”の把握を可能とし、様々な人事データ等と突合する事で、定量的な労働生産性向上や人事戦略へご活用頂く事を目指しております。

cocoem.は今後、より多くの人々のメンタルケアを目指しており、まずはこの度「オフィスで働く人と、その家族」に焦点を当て、サービスをローンチいたします。
何卒ご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。

今後cocoem.が、”ニッポンの元気な未来”に貢献できますことを衷心より祈念し、
最初のご挨拶とさせて頂きます。

cocoem.製作委員会
エグゼクティブ・プロデューサー
株式会社VIVIT
代表取締役 社長
伊藤 光一

みんなの心が、笑む未来へ。

脳の疲労・ストレスを見える化する
新しいIoTメンタルヘルスケア

*画像は開発中のものです。
実際の仕様とは異なる場合があります。