スマイルは健康の始まり?健康と笑顔の相関

「笑う門には福来る」ということわざもあるように、笑顔でいると幸せな気分になれる気がします。実は、そこには科学的根拠が、、? この記事では、笑顔にはどのような効果があるのかをご紹介していきます。

「笑う門には福来る」

日本には「笑う門には福来る(わらうかどにはふくきたる)」という有名なことわざがあります。このことわざは、「笑いの絶えない家庭には、幸運が訪れる」という意味があります。また、この「門」には、一族や家庭という意味があり、お正月に家族で、昔遊びの福笑いをして、笑顔になることで幸福を呼び込んできたことが、語源と言われています。しかし近年になって、この言葉が科学的に裏付けられるようになってきました。

笑顔の効能1-免疫力の向上

笑顔の効果の一つに、免疫力の向上があると言われています。その秘密は、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)という、身体に悪影響を及ぼすがん細胞やウイルスを退治する細胞にあります。笑うことで、NK細胞が活性化され、免疫力の向上につながります。ただ、この反応には逆の相関もあり、ネガティブな感情が発せられると、NK細胞弱ってしまいます。体の健康のためにも普段から笑顔になれるような日々が送れるように、過ごせると良いですね。

笑顔の効能2-脳の活性化

笑うと、記憶をつかさどる海馬という部分が活性化されて、記憶力がアップすると言われています。また、笑いによって脳波のなかでもリラックス効果のあると言われるアルファ波が増え、脳が安らぐほか、脳の意志や理性をつかさどる場所に流れる血液量が増加し、脳の全体の働きが活発になるとも言われています。

笑顔の効能3-血行の改善

笑いは、血行の改善にもつながります。大笑いをすると、呼吸が深くなり、酸素がたくさん取り込まれるうえ、自然と腹式呼吸となるため、内臓に刺激が加えられ、血のめぐりがよくなって新陳代謝も活発になり、血行が促進します。

笑顔の効能4-気持ちが整う

自律神経には、体を緊張モードにする交感神経とリラックスモードにする副交感神経があり、両者のバランスが崩れると体調不良やストレスを抱える原因となります。笑うと交感神経と副交感神経の切り替えが頻繫に起こるため、両者のバランスが整います。その結果、自律神経のバランスが整い、心をリラックスさせることができ、落ち込んだ気持ちのセルフコントロールにもつながります。

笑顔の効能5-運動効果

「抱腹絶倒」と言われるほどの大笑いで、お腹が痛くなった経験はありませんか?実は大笑いの筋肉の動きは激しく、たった10分ほどの小話で大笑いしたとしても、カロリーの消費は軽い散歩に匹敵すると言われています。オフィスに居ながら同僚と楽しく、笑いながら話をすることで、運動効果も期待できそうですね。

笑顔の効能6-好感度アップ

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」によると、人の印象は会話の内容が7%、声の大きさや口調が38%、視覚情報が55%を占めるとのことです。つまり、人と仲良くなりたいときに、頑張っていろんなことをしゃべるよりも、笑顔でいることに心を配ったほうがフレンドリーさを伝えることができるということですね。そうすると、相手に心を開いてもらうことができ、スムーズに親密な関係になっていけるでしょう。

笑顔の効能7-美容効果

笑うことで普段使わない表情筋が刺激され、自然とトレーニングを行なっている状態になります。特に口周りの筋肉に有効で、口角をキュッと上げることにより、口輪筋・大頬骨筋・頬筋などが刺激され、口元のたるみやフェイスラインのゆるみを防ぐのに役立ちます。また、笑顔によって女性ホルモンが分泌され、肌や髪のハリや潤いを保ったり、新陳代謝があがるのでダイエット効果にも期待ができます。

「笑える」ということ

「笑える」ということは、裏返すと「過度に緊張していない状態」とも取れます。

一般的に緊張している状態では、視野が狭くなると言われており、ケアレスミスやヒヤリハットの原因になるとも言われています。仕事中も笑顔になれると、効率が上がるかもしれません。また、意識した笑いも効果があるようですが、やはり、自然に起こる笑顔の方が効果的なようです。自然と笑顔になれるような趣味を探してみるのもいいかもしれませんね!

最後に

今回は笑顔の効果についてご紹介しました。ここまでいいことがあると、「楽しいから笑う」のではなく、「笑うから楽しい」のでは?と感じますね。「なんか最近いいことがないな...」と感じたら、口角を上げることから始めてみてはいかがでしょうか!cocoem.では、みなさんが笑顔になれるような情報やメンタルヘルスに役立つ情報を引き続き発信し、社会全体の心の健康水準向上に、寄与できるよう努めてまいります。今後ともよろしくお願い申し上げます。

みんなの心が、笑む未来へ。

脳の疲労・ストレスを見える化する
新しいIoTメンタルヘルスケア

*画像は開発中のものです。
実際の仕様とは異なる場合があります。