Charlie komuta これぞ人生の楽しみ方#001 ~何も知らないのが勿体無い~

このコラムでは、人生を謳歌する音楽プロデューサーCharlie komuta氏が、毎日を豊かにする読み物をお届けします。 今回は、記念すべき第一弾として、「知る」という点から人生を切り取ります。

初めまして、Charlie komutaと申します。

初めまして、Charlie komutaと申します。
ご縁がありcocoem.にコラムを掲載させて頂く事になりました。
職業はミュージシャン・音楽プロデューサーなのですが、執筆は20数年前にキーボード系の専門雑誌にページを持っていた以来なのでかなり久しぶりですが、今回は”人生の楽しみ方”という、趣旨のもと筆を執りたいと思います。
私の経験を元にみなさまに元気になって頂ければと思い頑張ってみたいと思います。

それでは、よろしくお願いいたします。

何も知らないのが勿体無い

~ここ3週間に渡り、日本テレビの”金曜ロードショー”で、バックトゥザフューチャー1,2,3を放映した。

Vol,1は1985年にロードショーされた。もう35年前の映画である。

53歳の私はちょうど高校を卒業した年で、映画館へ見に行き強烈な内容だったことを記憶している。

内容はさておき、当たり前だが35歳より年下の人達はこの映画の後に生まれた人であり、アニメなどの邦画を除き、洋画を見始める平均年齢は分からないけれど、もし高校生から映画を見始めたとしたら、2001年という事になる。

調べてみると、2001年の映画興行成績ランキング1位は『千と千尋の神隠し』だった。

2位は『ハリーポッターと賢者の石』である。

私からしたらつい最近なイメージではあるが、1985年生まれの最初に観たであろう映画はこの頃からだったと推測する。

先程のバックトゥザフューチャーだが、最近のTwitterでは若者のツイートに

"バックトゥザフューチャー超ヤバい!楽しい!"

"こんな映画がそんな昔からやっていたのか!?"

"イメージと全然違う!"

などと、心に突き刺さった内容が多かった。

私も後輩の30歳位のトランペッター夫婦とご飯をした時に、奥さんが「まだ観たこと無いんです」

と言った事に驚いたのと、逆に羨ましく思った。

何故なら、あの感動をまだ味わっていないんだ!と。

去年末のM-1グランプリの“かまいたち”のネタでも使われた、

「トトロ、一回も見たことがない」

という自慢をネタにしたのと同様、昔の良い映画は今観てもほぼほぼ確実に 良い・楽しい・感動 すると思われる。

私がバンドを始めたきっかけも、ブルースブラザーズという1980年ロードショーの映画を観たからだ。

アメリカを好きになったのも、1973年ロードショーのアメリカングラフィティを1981年に自由が丘にあった武蔵野推理劇場で観たからだ。

過去と現在では情報の収集方法が違うので、感動を全て映画から感化されようという話ではないんだけど、情報の取りづらい時代はそれなりに楽しかった。

今夜の待ち合わせは何時にどこどこで!と決めないとその人と会うことは不可能だった。

好きな異性に連絡するのは電話しか無かったし、最初に親が出た時なんてどんだけ緊張したか!?

今は電話もせずLINEで事足りるが、もっと凄いのが家族のそれぞれの電話番号を知らないというのだ!

携帯電話なんて夢のような話だった。

壁掛けテレビなんて信じられなかった。

新横浜~名古屋が新幹線で90分かからないなんて

スマートフォンなんて発想すらなかった。

細かいけど、ウォシュレットは好きだ。

これからどんな未来が待っているかと思うととてもワクワクする。

何も知らないのは、とても勿体ない。

ちょっとでも気になったら、調べてみて行動する事をオススメする。

人脈はあなたをお得にしてくれる

地元の先輩で面白い事を教えてもらったことがある。

「人脈は世の中の物価を8掛けにする」と。

8掛けとは、2割引という意味だが、例えば、小さなとこから話せば、近所のパン屋さんに高校の同級生がアルバイトをしていたら

店長に2割引きにしてもらえるように言ってみるね、とか。

私も30年前にMacintoshを初めて買った時は、たまたま高校の同級生が販売店に勤めていたので割り引いてもらった記憶がある。

ちなみにその先輩はアメリカ人女性と結婚をして、今ニューヨークに住んでいる。

Facebookで繋がっているのでライフスタイルは垣間見れるが、一体どうやって女性と知り合って結婚してニューヨークに住んだのか?!そこまでは聞いていないけど、本当の話だ。

とにかく、人脈はあなたをお得にしてくれる一つだ!というのを知っておいて欲しい。

人間関係疲れても

先日、コロナの影響でテレワークが増え会社に行かなくなったと同時に自殺者が20%減ったというニュースを見た。

人に会わないのが楽になった人がかなりいるのだろう。しかし、それだけ人間関係って大変なのは分かるが、人間関係で更に自分が飛躍出来るという事実も知って欲しい。

いま自分に足りないものは何か?それをノートに書き出すのも良いと思う。

逆に、自分のストレスを書き出すのも良い。そのストレスをどう発散すればよいか?というヒントになる。

世の中は面白い事だらけだ。知らない事がまだあるだけで、そこに行き着いていないと思えばワクワクするだろう。

それが明日なのか?!1年後なのか?! それは、あなたの行動力によって決まるだろう。

私も紆余曲折して現在に至るが、もし目の前に18歳の自分が居たら言いたい。

「好きなように生きて大丈夫だよ」ってね。

 Charlie komuta:http://gm.fanmo.jp/charlie/

みんなの心が、笑む未来へ。

脳の疲労・ストレスを見える化する
新しいIoTメンタルヘルスケア

*画像は開発中のものです。
実際の仕様とは異なる場合があります。